about

漂着物を拾い、ペインティングなどを
経て、アクセサリーやオブジェなどを
ハンドメイドで一点一点作っています。

かつては人間の生活とともにあった漂着物。
色んな場面で人の役に立ち、助けてくれました。
しかし役目を終えるとその一部は海洋ゴミとなり、
地球を汚染し、最終的には人にも害を及ぼします。
こういった状況を直視し、そこから何かを学ぶために
漂着物を人との生活へと戻すということをしています。
また漂着物にペイントなどをしたものを「漂着DECO」
と呼んでいます。




(追憶)
2014年8月、奈良から松山に引っ越してきて、
しばらく友人の家を間借りしていたが、9月
からは高浜に移住し仕事もせず、ブラブラと
海岸を散歩していた。
漂着物というただ海を漂うだけの存在は浮草の
ような自身の状況と相まって親近感が沸いた。
手にとってよく見ていると長いあいだ海を彷徨
って付いた無数の傷がなんとも可愛らしく思えた。
こうしている間にも漂着物は海を旅し傷を負い、
またどこかの砂浜に打ち上げられている。
そんな時、輪廻という言葉がパッと思い浮かんだ。
輪廻という概念を漂着物に投影してみた時、
その漂着物を選び出し、ペイントするとは
一体どういう行為にあたるのか?
輪廻から抜け出し、漂着物には二度と戻らない
という確固たる意思をモノから感じとった時、
選び出されたモノは新たなモノになる。
「漂着DECO」となり、転生するのだ。